太っていないのに肉割れ

太っていないのに肉割れができる原因

 

人によっては痩せ型体系にもかかわらず肉割れができてしまう人はいます。

 

肉割れの原因は脂肪が付いたりしたことによって、膨れ上がった部分に対しての皮膚が大きくなるスピードに追いつかないために皮下組織にある皮膚細胞が切れてしまうことによって起こることです。

 

特に太っていないのに肉割れができる人で多いのが中学生や高校生などの学生です。
学生時代は成長期となるので見た目的には痩せていようとも身長が伸びたり骨格の変化が起きています。

 

そのため、太っているわけではなくとも皮膚の伸縮が起きているのですね。

 

一般的には脂肪が付いたことで肉割れができるのですが、伸張が伸びたりすれば当然皮膚も伸びます。その伸びるスピードに追いつかなければ当然切れてしまうので肉割れ線として出来上がってしまうのですね。女性であれば胸のふくらみによってできてしまうことあります。

 

自分では太っていないように見えていても太ももやお尻周りのサイズも大きくなっていることが多いので、肉割れがおきやすいからだの一部でもあります。

 

小学生の足と高校生の足を見比べてみればすぐに分かるのですが、太ももの大きさは全く違います。身長が伸びたり骨格が伸びたりすることで大きくなった違和感がなくなってはいるのですが、実際には肉も付いていれば骨も成長しているのですね。

 

肉割れは太ったときまたは妊娠してお腹が膨れあがったときにできると考えている人が多いですが、必ずしもそういうわけではないってことなのです。

 

太っていないのに肉割れができるのを防ぐには

 

からだが大きくなるのは防ぐことはできません。そのため、太っていないのに成長期などの関係でできる肉割れについて防ぐのであれば、妊婦さんやダイエットをしている人と同じでクリームを使った予防を行うしか方法はありません。

 

肌を保湿することによって、弾力性を与えみずみずしくうるおっている皮膚の状態にすることで、皮下組織の皮膚細胞が切れてしまうのを防ぐ対策を行うしかないのです。

 

大学生程度であればアルバイトでもすれば肉割れクリームを購入することは出来なくはありません。サークルの飲み会を少し回数を減らしたり、化粧品の金額を少し安いものに変えたりと行えば購入することはできるはずです。

 

しかし、中学生・高校生となるとお小遣いでやりくりするしか方法はありません。

 

あきらめて大人になってからノコアのようにすでに肉割れができた人用のクリームでケアを行うか家族にお願いして購入してもらうしかありません。ドラッグストアで販売されているような2000円程度の比較的安いものに関しては予防目的で作られているクリームとなるので、お願いすれば購入してくれることもあると思います。

 

どうしても無理であればお母さんが顔につけている化粧品や化粧水を使って代用してみるのはいかがでしょうか!?

 

但し、ノコアのようにすでに肉割れができた人用のクリームは7000円程度するのでちょっとお願いしても購入してくれない家庭がほとんどではないかと思います。

 

結局は肌トラブルとなるので日ごろのスキンケアをしっかりと行わない限り防ぐことはできないのですね。